南の島でダイビング それゆけコズめるん

ダイビング旅行

「女ひとりで南の島へダイビング旅行&関連お役だち情報」をテーマに、昔ながらの混沌とした個人ウェブサイトを運営中。Since 2004。

海外女一人ココがイイ!

アナタも出来る!どーも人目を気にしてしまう...な人は、国内より海外。間違いなく気が楽。ダイバーの人はクルーズでデビュー!心配は杞憂に終わるから!

jalan-jalan、女一人旅のメリットを列挙!!


勝手気まま

当たり前ですけど、「あ~、今日潜るのやめとこ」と思いついたら、誰におうかがいを立てるでもなくそれが出来る。
一緒に行く人次第ですけど、一人行動が苦手な人と一緒だと、やはり「一人で行ってきて~」と気軽に送り出せないので・・・


旅がディープに

一人だとやはり人恋しくなりますので、自分からドンドン話しかけるハメに。

すると、向こう(現地の方)も心を開いてくれて予想以上に珍しい体験が出来たり、期待以上に親しくなれます。

周りに一人も日本人がいない環境はあっという間に、自分が異邦人であるということを忘れさせてくれる。

そして、彼らとの生活は永遠に続くもので有るかのような錯覚におちいるのですが、瞬く間に時は過ぎ、帰国の日がアッという間にやってくるのも事実。

そういう時、とってもやりきれないキモチになります。。

滞在がディープであればあるほど、また這い上がるのも一苦労なんですね。。。

実際帰国のとき、「このままココにいれば?」「帰ってしまうなんて、信じられない。」「また一人できてね~」という言葉と共に見送られることしばしば。。


自分はまだまだイケると自信がつく

見ず知らずの国で頼れるのは己の頭脳と度胸のみ。

なんともならないことが、なんとかなったとき、そこに自信が芽生える。アドベンチャーしてる自分が誇らしく思えてくる。

(但し無茶は禁物!時と場合によりお金で安全を買う。一歩引く勇気も必要!)


"海外"に限って言えば。。

同じ女一人旅でも、"海外"の方がしやすい。日本はまだまだ"女一人旅"を歓迎しない、というか好奇の目で見られるフシが。

海外に出れば、何にも珍しいことではないのに・・・言葉の苦労はあるにしろ、結局気が楽。


他の人にやさしくしてもらえる

フェミニンとは程遠い格好をしていようが、正真正銘女の一人旅。

できるだけ自分で出来ることは自分でやろう!というスタンスでいても、様々な人が手を貸してくれます。

そういう時は素直にうれしい。(しかし、甘い誘いには安易にのらないよーにね!)


»もっと見る

h2タグ

h3タグ

h4タグ

h5タグ
h6タグ

強調(em) より強い強調(strong) 追加(ins) 削除(del) テキストアンカー

引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。

リスト

普通のリスト

  • 普通のリスト1
  • 普通のリスト2
  • 普通のリスト3

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト1
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

デザインリスト

このようにリストマークを星形にしたい場合は、ulタグに『class="list"』を追記してください。

  • デザインリスト1
  • デザインリスト2
  • デザインリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

定義リスト

定義リスト1
定義した用語の説明
定義リスト2
定義した用語の説明
定義リスト3
定義した用語の説明
dd要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。しかし、dt要素にはインライン要素しか記述することができません。

テーブル

見出し1見出し2見出し3見出し4見出し5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
見出し1セル1セル2セル3セル4セル5
見出し2セル1セル2セル3セル4セル5
見出し3セル1セル2セル3セル4セル5
見出し4セル1セル2セル3セル4セル5
見出し5セル1セル2セル3セル4セル5

INDEX-女性ひとり旅

ページのトップへ戻る