南の島でダイビング それゆけコズめるん

ダイビング旅行

「女ひとりで南の島へダイビング旅行&関連お役だち情報」をテーマに、昔ながらの混沌とした個人ウェブサイトを運営中。Since 2004。

国際交流

外国人が乗ってる、もしくは外資系のクルーズの場合、もちろん国際交流のチャンスがあります!

これはしたい人としたくない人で2極化の傾向があります。

英語の勉強をしてる人なんかは是非こういうチャンスを利用して、自分の実力を試してみたらよいと思います。

うまくいけば自分の自信につながりますし、困難を感じれば更なる学習に向けて発奮のキッカケになりますし。

わたくしの場合は、語学うんぬんより、ダイビングを通じて世界中に知り合いが増えることがうれしい、知らない世界に触れることが単純に楽しいのですが・・

一口でヨーロッパからの人が多いと言えども、ドイツ、フランス、イギリス・・・なんていうメジャーな国以外の、テレビにもあまり出てこないような、えっそれ何処?って いうところから来てる人もいたりして、世界は広いと思い知らさせる時があります。

地球にはまだまだ知らないことが満載ですよ。

逆に、あちらさまにとっても、極東の小さい島国なんて、あまりご存知ないようで、(ソニー、トヨタの国ということは知ってる) それは中国の一部か??とか、中国人とは会話が成り立つのか(漢字使ってるからでしょうか?)とか平気で聞かれたり・・・わたしゃ、親睦を深める前にまず目が点になりました。

このときばかりは、自分が言わにゃ、誰が言う・・・とばかりに、日本という国についての様々な誤解を解いて正しい情報を叩きこんでやる作業を 粛々と執り行いましたけど。

かと思えば、いとも簡単に心が通じあえる瞬間がある不思議。

いや、不思議でもなんでもないんですけど...クルーズに乗ってると通じ合うのに言葉はイラネー!な時がしばしばあるんです。

ハイ、水中で大物に出逢えた瞬間を共有したとき時ですね(*´ω`)b

浮上してからが大変。

もう、頭から蒸気が噴き出しているかのような興奮状態で、あれは何フィートはあった。いや、もっとあった! と、止まらない止まらない。

1週間~10日ずっと寝食ともにして、同じ海を潜っていれば嫌でも通じあってしまいます(笑

だんだん慣れてくると「(¬з¬) アレ、見てないの?」と上から目線でちょっかいだしたり、からかい合う余裕も出てきて親しくなってきます。

もう、国際交流ガー!とかいうしゃっちょこばるのは抜きに、単純に楽しいんですよー。

この盛り上がりはダイブクルーズ生活が持つ特有の醍醐味だと思います。

»もっと見る

h2タグ

h3タグ

h4タグ

h5タグ
h6タグ

強調(em) より強い強調(strong) 追加(ins) 削除(del) テキストアンカー

引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。

リスト

普通のリスト

  • 普通のリスト1
  • 普通のリスト2
  • 普通のリスト3

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト1
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

デザインリスト

このようにリストマークを星形にしたい場合は、ulタグに『class="list"』を追記してください。

  • デザインリスト1
  • デザインリスト2
  • デザインリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

定義リスト

定義リスト1
定義した用語の説明
定義リスト2
定義した用語の説明
定義リスト3
定義した用語の説明
dd要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。しかし、dt要素にはインライン要素しか記述することができません。

テーブル

見出し1見出し2見出し3見出し4見出し5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
見出し1セル1セル2セル3セル4セル5
見出し2セル1セル2セル3セル4セル5
見出し3セル1セル2セル3セル4セル5
見出し4セル1セル2セル3セル4セル5
見出し5セル1セル2セル3セル4セル5

INDEX-ダイブクルーズのメリット

ページのトップへ戻る