南の島でダイビング それゆけコズめるん

ダイビング旅行

「女ひとりで南の島へダイビング旅行&関連お役だち情報」をテーマに、昔ながらの混沌とした個人ウェブサイトを運営中。Since 2004。

まだまだ遠く長い道のり

出来ればやっぱり直行便でラクラク行きたいな…

遂にモルディブ入国までを完遂!(や~長かった)

気を取り直して・・・次の日の朝食はホテルビュッフェ。

モルディブへ向けての出発は午後8時なので、それまでたっぷり時間があります。

必然的に「朝食」⇒「長居ブランチ」へ。そんなに大型ホテルとは思えませんでしたが、ビュッフェもマレーシア的エスニック料理に 加え、かなりバラエティーに富んだメニューがありました。

もー、こっちは有頂天。フードファイターに早代わり。

前のめりになって食い尽くしましたよ、もちろん。← (・_・?)ハテ? セレブという設定ではなかったか...

これは食した料理のほんの一部。
他に、マレーシアの麺類や日本食、フルーツなど。
ドラゴンフルーツ(左上)もこんなところで人生初物でした。
朝食はホテルビュッフェ


さて、この後出発まで何するか??

クアラルンプールに関して興味もなにも湧かなかった(というか、知識ゼロなので。。多分とても楽しいところと思います) ので、ちょっとやりたいこと(秘密)もあったし、部屋で過ごすことにしました。

レイトチェックアウトだし、3時まではオッケーなのですが、その後は居場所もなく、途方にくれてたら、ラウンジのおねーさんが呼んでくれて、そのラウンジに出発時間まで入り浸ってもよいとの許可が下りました。

ネットをしたり(1個しかないパソコンを独り占め)、ジュース飲んだり、ソファにひっくり帰ってみたり。

しかし、これがヒマ。出発は8時だし。ラウンジ係の人とトークしたりしてなんとか切り抜けることが出来ました。

***

そしてそして!やり過ごしタイムが終了し、ようやく待望のモルディブに向けて出発です。

空港に向かうときは当然“無料”バギーに乗車(笑)。「これは幸先良いぞ・・・」と思いチェックインカウンターに向かったところ・・・

チェックインのおにーさん、コズめるんのパスポートをパラパラして明らかに査証(ビザ)をお探しのご様子。


「ビザは?」

「はぁ?日本人はビザ要らないはずですけど」

「いや、要る」

「え、要らないよ。」(と、主張しつつもちょっと不安に...あれっ?要るのかな???要るとしたら現地でも取れるのか? ここまで来て、入国出来ないなんて有得ない!!と思うと、ますます不安に。いや、要らないはず。旅行社さんもビザについては何にもいわなかったし・・)


なにやらパソコンのスクリーンを覗き込むおにーさん。
そこに、同僚がやって来て、画面を指してなにやら言ってる風。


「・・・・」おにーさん。

「・・・・」コズめるん。


しばらく沈黙が続いたあと、パサッと投げるようにボーディングパスとパスポートが返ってきました。

こういう時、何にも言わないの当たり前なのな。

「あ、要らないようですね。」の一言ぐらい言えって(´・ω・`;)

マレーシア航空は今回の旅が初フライトです。
最近は出発前にブリッジからのワンショットを欠かしません。
マレーシア航空でモルディブへ


その後のフライトは快適でした。離陸と同時に寝入ってしまって、着陸のドンという振動で起きるありさま。

しかし、ちゃっかり機内食だけは食していましたけど(笑)

フライトに関してですが、本来土曜に出発できればその日のうちにマーレに到着できます。乗り継ぎもすごく良いと思う。

それに、成田⇔マーレの直行便(スリランカ航空)もあるんですね。今度はトーゼンそれを狙いますよ!

あと、シンガポール航空、スリランカ航空、などもよく利用されてるようです。

今回のクアラルンプールで1泊、はオススメパターンでも何でもありません。よいこはマネしないでくださいね(爆

***

さて、フルレ空港(モルディブ)に到着したコズめるんをまず驚愕させたのは、マーレ(空港のある島と 別なの)に向かうドーニ(島の水上交通で使われている、モルディブでの生活上無くてはならない小型船)船着場で目にした 海水の透明度。

夜なのでブルーの海ではありませんが、その水は限りなくクリア。。

こんなの見たことない!
モルデイブの船着場の透明度


大体、港なんて汚いのが常じゃないですか。それなのに下まで丸見え。スコーンと。まさにド肝を抜かれた。

海の青さ&透明度が最重要事項の一つのコズめるんにとって、この船着場での透明度こそ、今後のモルディブライフへの期待を 頂点に持ってきました。

»もっと見る

h2タグ

h3タグ

h4タグ

h5タグ
h6タグ

強調(em) より強い強調(strong) 追加(ins) 削除(del) テキストアンカー

引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。

リスト

普通のリスト

  • 普通のリスト1
  • 普通のリスト2
  • 普通のリスト3

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト1
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

デザインリスト

このようにリストマークを星形にしたい場合は、ulタグに『class="list"』を追記してください。

  • デザインリスト1
  • デザインリスト2
  • デザインリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

定義リスト

定義リスト1
定義した用語の説明
定義リスト2
定義した用語の説明
定義リスト3
定義した用語の説明
dd要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。しかし、dt要素にはインライン要素しか記述することができません。

テーブル

見出し1見出し2見出し3見出し4見出し5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
見出し1セル1セル2セル3セル4セル5
見出し2セル1セル2セル3セル4セル5
見出し3セル1セル2セル3セル4セル5
見出し4セル1セル2セル3セル4セル5
見出し5セル1セル2セル3セル4セル5

INDEX-Dumaguete旅行記

ページのトップへ戻る