南の島でダイビング それゆけコズめるん

ダイビング旅行

「女ひとりで南の島へダイビング旅行&関連お役だち情報」をテーマに、昔ながらの混沌とした個人ウェブサイトを運営中。Since 2004。

モルディブ、初耳の人いるかな?

ちょっと前まで知る人ぞ知る穴場のアジアリゾートでした...が、「コバルトブルーの海に1島1リゾート」で今ではハネムーナーにはお馴染みかと。

コバルトブルーの海にそっと置かれた真珠の首飾り

モルディブ、知らない人いますかね?

近年ダイバーでなくても、すっかり有名になりましたね。

モルディブは1190(!)にもおよぶ島々からなる群島国家であり、それはインドの南端から南西に300マイル離れた所に 位置しています。

こうやってみると、日本から遠いですね~。
こんなところまで行ってきたのか。

モルディブの位置

別名「真珠の首飾り」、空から眺めればそう呼ばれる理由が一瞬にして分るでしょう。

透き通ったラグーンに囲まれ、椰子の木々に覆いつくされた島々。いわゆる万人が思い描く「南の島」。

それらが、まさに宝石のごとくインド洋上に散りばめられています。


そのうち人々の営みがある島は200足らずで、リゾートはもはや90にも!私が初めてモルデイブの存在を知った 時からその数は格段に増えました。

本音トークすれば、リゾートの建設ラッシュはあまり歓迎されるべきことではないのかもな~。

リゾート建設は当然自然崩壊の要因になりますし、ワンサカやってくる外国人たちによって、地元の人々がスポイルされたりもしますからね。

といっても、ここも観光立国、お国の経済を支えるためにはしょうが無かったり・・・(ジレンマ)

こういう問題って一朝一夕に解決できる類のものでないですね。(-ω-;)ウーン.


さて、これはモルディブの国旗。

赤は国の独立時に犠牲になった英雄達の血、緑は生命、発展、繁栄、白の三日月はイスラム教への信仰心を表してるそうです。

そして短期間にデザインがコロコロ変わりまくってる!知らなかった~。(興味のある方はこちらを)

お近づきの印にもう一歩踏み込んで勉強させていただきましたと...。

モルディブ国旗


なぜかダイバーになるずっと前から憧れていた場所モルディブ。ようやくたどりついたそこには「白い砂浜」「青い海」 「サンサンと輝く太陽」確かにこの3要素がすべてそろっていましたよ。

それだけで十分。人の心を癒すものは本当はとってもシンプルなものなのかもしれないなーと思ったのでした。

モルディブにはこれからも世界中の南国アイランダーたちを魅了し続けていってほしいものです。

***

<<現在のモルディブ(津波)>>

2004年12月28日の NOダイビング@南の島, NOコズめるん!でモルディブの津波の記事を書きました。

モルディブの被害についていろんな噂が飛び交っていましたが、実際聞いてみると、 「マレの海岸から50m程水が入って来たけど、島の2/3が沈んだなんて全くのデマだ!」と現地の人は必死。


「むしろ、問題はリゾートの方で、リゾートごと根こそぎやられてしまってクローズを余儀無くされたところもあるし... でも、大丈夫なリゾートも多いので、是非来て欲しい」とのことでした。


デマって怖いですね。自然災害自体の被害で生活状況が悪化している中、デマによる観光客激減という追い討ち。

これこそ、まさに【二次災害】ですね。(マスコミによる)


「モルディブ行きたいな~。でも、津波でやられちゃってるんだろうな。」は、間違いです!(キッパリ)


私自身、スタッフと津波の話題がでるまで、「津波被害があった島」ということすら忘れてましたから。

そのくらい、マーレは活気溢れる常夏の島でしたし、海自体はもちろんいつもの平静さを保っていましたよ。

大丈夫なリゾートを探して、是非行ってあげてくださいねー。

»もっと見る

h2タグ

h3タグ

h4タグ

h5タグ
h6タグ

強調(em) より強い強調(strong) 追加(ins) 削除(del) テキストアンカー

引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。

リスト

普通のリスト

  • 普通のリスト1
  • 普通のリスト2
  • 普通のリスト3

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト1
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

デザインリスト

このようにリストマークを星形にしたい場合は、ulタグに『class="list"』を追記してください。

  • デザインリスト1
  • デザインリスト2
  • デザインリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

定義リスト

定義リスト1
定義した用語の説明
定義リスト2
定義した用語の説明
定義リスト3
定義した用語の説明
dd要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。しかし、dt要素にはインライン要素しか記述することができません。

テーブル

見出し1見出し2見出し3見出し4見出し5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
見出し1セル1セル2セル3セル4セル5
見出し2セル1セル2セル3セル4セル5
見出し3セル1セル2セル3セル4セル5
見出し4セル1セル2セル3セル4セル5
見出し5セル1セル2セル3セル4セル5

INDEX-Dumaguete旅行記

ページのトップへ戻る