南の島でダイビング それゆけコズめるん

ダイビング旅行

「女ひとりで南の島へダイビング旅行&関連お役だち情報」をテーマに、昔ながらの混沌とした個人ウェブサイトを運営中。Since 2004。

ここでもジン樣のお出ましを願う

大御所のおでましが見送りならせめて心ゆくまで地面を這わせてよっ、と。

つまり、出るものでなきゃ、マクロりたいのさー

モルディブの海=ドリフトダイビング、これは予め分かってました。

だから一所にとどまってマクロりたい私にとっては不向きな海であるということも、予想できてはいました。

それでも、「自分はマクロ派だからブレニー(カエルウオ)系を撮りたいんだ!」と折りに触れて主張してたので、ガイドも気を使ってくれて 最後は棚の上に上がるようなルートをとってくれてました。ありがたきことに。

でも、全然時間たんないっすよ~。アッ、カエルウオ!と思っても、ズンズンズンズン行っちゃうもんだから、 常に遅れ気味。アセる。追う。ずっとそんな感じでした。

なんでマクロりたいかというと、私のデジカメワイド仕様になってないもんだから、遠くに泳ぐサメ、バラクーダ、 ナポレオン、マンタなんかを撮ってもダイナミックさに欠けるんです。

それよりはチマチマと小物たちをクローズアップで取ったりするほうが楽しい。

でも、モルディブに来る人達はだいたい大物狙いできてるから、同じ棚の上で1時間じっとしてたい・・・なんて口が裂けてもいえません。

(言いましたけど、ガイド氏にコッソリと。)

これはイシガキカエルウオ
・・・でいいのか?モルディブだけど。
モルデイブのイシガキカエルウオ?


こういうの撮ってる時がわたくしの至福の時間。
モルディブでブレニー撮影


私的には大物(サメ、バラクーダ、ナポレオン、マンタ、カメなど)は一度見れば満足しちゃって、ある意味すぐ飽きる。

あ、大物といえば・・・ジン様(ジンベイザメ)、忘れてた!

結論から申し上げますと、今回もスカりました(泣

それも、ニアミス。

というのは、ロブ&バートは1週間前から乗ってて、私と一緒に2週間目だったんだけど、 彼らは前週に遭ってたの。ジン様に。

それも1時間という超ロングランの『スノーケリングwithジン様』を堪能なさったそうです。

彼らに初めて会ったとき「見るもの全部見た」と言ってた。ジン様のほかにイルカの群れもみたらしいし。。。

諦めきれず、目をサラのようにして海中透視を
試みるコズめるん。
ジンベイを探すコズめるん


なんでわたしが行くとお出ましタイムがないの??知らず知らずのうちに回避レーダーめいたもの出してるのかな?

モルディブまで来て遭えなかったら、もーどこ行きゃあ、いいのさー。

ジンベイザメは皆の憧れ。アリ環礁の南部が出没ポイントです。そこではやはり皆の期待度満点なんですよー。

この近辺に滞在中は、当然のごとく暑い中皆でルーフ(屋上)からジンベイ探し。

毎回ダイビング後には、不意のお出ましに備えて、スノーケリングセットをわざわざドーニから本船に移動させて準備万端で 待ってましたのに・・・。

中でも、一番ウルさくジンベイ、ジンベイとワメイテいたのは、このわたくし。

Tuday(オーナー兼マネージャーガイド)にしつこくジン様の催促をし、ある時もうダメだ・・とガックシ肩を落としてたら、 「1月から4月に来い。そしたら、ジンベイ(←彼もジンベイと言っていた)保証付き」といわれてしまいました。

「こーなったら何がなんでも見てやる!次はこの期間にリベンジだ!(ちなみに、ちょっとこの時期は高くて、1000ドルくらい)」ということになったのです。

あ、はやくこの"残念"旅行記の執筆をさっさと終わらせて、次に備えなきゃだわ。。。

次ページにどんな魚と出会えたのか、海の中の写真(ジン様以外)をひととおり貼っておきますね。

»もっと見る

h2タグ

h3タグ

h4タグ

h5タグ
h6タグ

強調(em) より強い強調(strong) 追加(ins) 削除(del) テキストアンカー

引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。引用部分です。

リスト

普通のリスト

  • 普通のリスト1
  • 普通のリスト2
  • 普通のリスト3

番号付きリスト

  1. 番号付きリスト1
  2. 番号付きリスト2
  3. 番号付きリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

デザインリスト

このようにリストマークを星形にしたい場合は、ulタグに『class="list"』を追記してください。

  • デザインリスト1
  • デザインリスト2
  • デザインリスト3
    li要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。

定義リスト

定義リスト1
定義した用語の説明
定義リスト2
定義した用語の説明
定義リスト3
定義した用語の説明
dd要素の中はブロックレベルのタグを使用することが出来ます。例えば、<p>タグも記述することが出来ます。しかし、dt要素にはインライン要素しか記述することができません。

テーブル

見出し1見出し2見出し3見出し4見出し5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
セル1セル2セル3セル4セル5
見出し1セル1セル2セル3セル4セル5
見出し2セル1セル2セル3セル4セル5
見出し3セル1セル2セル3セル4セル5
見出し4セル1セル2セル3セル4セル5
見出し5セル1セル2セル3セル4セル5

INDEX-Dumaguete旅行記

ページのトップへ戻る